出会い系で知り合った人妻とテレフォンセックスした話

私がテレフォンセックスの存在を知ったのは、スポーツ新聞がきっかけ

これは、私が23歳だったときの話です。
大学を卒業し就職のため東京に引っ越してきた私は、それまで北海道の地方都市の大学に通っていたため、見るもの聞くもの全てが新鮮でした。
しかし、そんな日々はいつまでも続くものではありません。
朝起きて会社に行き、残業して帰る日々だったので平日は忙しさにかまけてなんとなく過ごすことができましたが、休日におのぼりさん状態で都会を楽しむのにも飽きてしまいました。
当然女友達もいませんし、コンパに誘ってくれる親しい友人もいなければナンパなんて自分の性格上絶対にできません。
しかし私も若いなりに性的な欲求はあります。
ただ、東京には風俗店がたくさんありますが、小心者の自分が風俗嬢からサービスを受けるのは気恥ずかしくてとても入店できませんでした。
そんな私がテレフォンセックスの存在を知ったのは、スポーツ新聞がきっかけでした。
主婦やサラリーマンの体験談が掲載されており、読んでみると余計なお金も必要なく、電話さえあれば手軽にできるとありました。

めっちゃどうでもいいけどよく聞かれる質問「言葉責めはどこで覚えたの」
「テレクラのサクラのバイトでM男ダイヤルのテレフォンセックスで(爆笑)」

— アスカ@痴女 (@asuka_chijo) March 16, 2022

私がテレフォンセックスの存在を知ったのは、スポーツ新聞がきっかけ相手を満足させるテクニックがなくても心配不要との一文が背中を押した今、自分はテレフォンセックスをしているんだ」と思うと妙に興奮した