出会い系で知り合った人妻とテレフォンセックスした話

今、自分はテレフォンセックスをしているんだ」と思うと妙に興奮した

私がテレフォンセックスの存在を知ったのは、スポーツ新聞がきっかけ相手を満足させるテクニックがなくても心配不要との一文が背中を押した今、自分はテレフォンセックスをしているんだ」と思うと妙に興奮した

そして30分くらいも話をしたころでしょうか、相手が「これからひとりでするから何かエッチなことを言って」と言ってきたのです。
そんな唐突にそんなことを言われても何を言ったらよいか分かりませんでしたが、そこで思い出したのがスポーツ新聞の記事の内容です。
それを思い出しながら、まず話したのが「今日はどんな下着を履いていますか」です。
すると相手が「黒」と答えたので、その下着を脱いでもらうように言いました。
脱いでもらったので「指でエッチな音を聞かせてください」と伝えると、受話器の向こう側からピチャピチャと液体のような音がし始めました。
続けて喘ぎ声のような音も聞こえてくると、相手から「自分も脱いで」と言われたので、言われるがままズボンと下着を脱ぎました。
「今、自分はテレフォンセックスをしているんだ」と思うと妙に興奮してしまい、それから先は何を言ったのかあまり覚えていませんが、とても気持ちよかったことを覚えています。
この一件から相手の女性との距離が一気に縮まったような感じがしましたが、相手もそう思っていたようで、それから数日後に直接会うこともできました。
電話の声と同様にとても美しい方で、その日はホテルで二人の時間を過ごし、現在でもその方と関係が続いています。
ただ、実際のセックスばかりではなく、たまにテレフォンセックスでも楽しんでいます。